職場の人間関係を良好にする『ホーソン効果』

職場の人間関係を円満にする事は生活を豊かにすることと同意と言ってもおかしくありません。

毎日顔を合わせる人間同士だからこそ、できる限りトラブルは避けたいですよね。

『ホーソン効果』を意識するだけで、トラブルをできるだけ避け、職場環境を円満に保つことが可能となります。

■「ホーソン効果」って何?


ホーソン効果とは、アメリカの「ホーソン工場」で行われた実験からつけられた名前で、いわゆる「従業員を褒めることにより生産性が向上するかどうか」を研究したものです。

「褒められるとやる気が出る」というのはあなたも経験があるのではありませんか?

ホーソン工場での研究結果から、能力が一般以下の人間でも褒められることによって能力以上の力を発揮することが証明されています。

■褒めることで関係を円満に

”褒める”と意識しすぎると何を褒めたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

何も難しく考えることはありません。

ポイントは日常のほんのちょっとしたことを「少しだけ大げさに褒める」ということです。

「メイクを変えたのに彼氏が気付いてくれない」「髪型を変えたのに気付いてくれない」なんて女性が愚痴をこぼしているのをよく耳にしますが、それも同じ「自己顕示欲が満たされていない」という状況になります。

ですので、「髪型を変えた」「メイクを変えた」ということを「少しだけ大げさに褒める」だけで彼女の欲求はとても満たされます。

同様に職場関係でいうのであれば、

頼んだ仕事が少し早く上がったら「とても早いね。お陰ですごく助かるよ。
提案をしてくれたら「その発想は自分にはなかったな。そういう着眼点から物事を見れるって凄いことだよね。

などと「少しだけ大げさに」褒めてあげればいいのです。

■上手に褒めて人間関係の優位をとる

あなたが職場の人間を上手に褒めることによって、褒められる人間はあなたと接することが少しずつ楽しみになってきます。

なぜなら、あなたに褒められることによって自分の自己顕示欲が満たされるからです。

人は誰しも褒められたいという欲求を持っています。

ですので、上手に褒めてあげることによって人間関係を円満にすることができます。

■まとめ

職場の人間関係で悩んでいるという方はすごく多いと思います。

筆者も同様にどのように接したらいいか、どうしたらもっと仲良くなれるか等とても悩んだ時期があります。

しかし大抵の嫌なことは「考えすぎ」ですし、周りの人間は思っている以上に自分に興味がない(笑)ということを学びました。

「褒め上手は子育て上手」なんて言葉がありますが、人間関係も同様に常に相手との関係を育てていくものです。

褒めることで嫌な気持ちになる人はいません。ただ、やりすぎるとかえってわざとらしくなり不快感を与えてしまうこともあります。

上手な褒め方の加減を習得して、是非職場環境を円満なものにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です