単純接触効果(ザイオンス効果)で気になるあの人を虜にする方法

①単純接触効果(ザイオンス効果)とは?

何度も顔を会わせるうちに、相手のことを好きになった。また、初めは興味がなかったにも関わらず、何度も耳にするうちにその曲を好きになっていった。

なんて経験はありませんか?

単純接触効果(ザイオンス効果)とは1968年に、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスによって提唱された「同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる」効果のことです。

ザイオンスの単純接触効果、ザイアンスの法則ともいわれ、人間関係においては「熟知性の原則」と呼ばれています。

会えば会うたびに、知れば知るほどに好意を持つといった心理効果を意味しています。

興味がなかったり、あまり好きではなかったりするものや人物でも、頻繁に目に触れる機会があった場合、その対象への警戒心や恐怖心が薄れ、良い印象を持つようになるといわれており、ザイオンス効果の顕著な例と言えます。

②普段の生活(恋愛、仕事)での活用方法

仕事


単純接触効果(ザイオンス効果)はテレビCMや営業などでもよく使われる技法です。

テレビCMを放映する場合、長期的に散発して放映するよりも、短期集中的に放映したほうがより効果があるといわれています。それは、何度も接触する期間が短期に凝縮されても効果を発揮するということを裏付けています。

また、営業マンが何も売らずに雑談だけして帰っていくことがあります。

それも単純接触効果(ザイオンス効果)の手法で、「初対面でいきなり商品を売りつけるよりも、何度も顔を会わせ好印象を得てから商品の宣伝をしたほうが購買率が上がる」というデータが出ているからです。

恋愛

例えば会社や学校に気になる人がいる場合は、「毎朝挨拶をする」を心がけましょう。

長時間話し込む必要はありません。

何時間も話し込むよりも「毎日」挨拶をするということのほうが大切になってきます。

また、毎日会えないような場合はちょっとしたことでもいいので「連絡をする」習慣をつけましょう。

相手の得意なことや好きなことを題材に質問をしたり、連絡を取るようにすれば相手も嫌な思いをせずに接触回数を増やすことができますね。

③気を付けること

単純接触効果(ザイオンス効果)は接触時間よりも接触頻度の方が重要になってきます。

月に一度長時間会うよりも、毎日5分だけ会うほうが単純接触効果(ザイオンス効果)の恩恵を得られます。

また、単純接触効果(ザイオンス効果)によって、相手が受ける印象が変わってくるのは10回までと言われています。

つまり、意中の相手との間に単純接触効果(ザイオンス効果)の恩恵を得られるのは10回目までで、それ以降単純接触効果(ザイオンス効果)によって印象が良くなったり、急接近する確率は極めて低いです、

10回以上会っていても進展しないという方は他の部分に原因があるかもしれませんね。

④まとめ

今回は単純接触効果(ザイオンス効果)についてまとめてみました。

注意点としては
①接触時間よりも接触頻度
②効果があるのは最初の10回まで

といったところですね。

日ごろから使える心理テクニックになりますので、是非気になるあの人に試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です