【LINE】やり取りが続かない人の傾向と対策【マニュアル】

好きな子の連絡先をゲットしたのになかなか会話が続かない、、、何を話していいかわからない。それではせっかくのチャンスが台無しになってしまいます。


今回はやり取りが続かない方の為の【原因と対策】を細かく分析してその人に会ったアプローチが提供できればと思います。

■LINEが続かない原因


・内容がない


内容の無いやり取りを好きでもない相手と続けるのはシンドイものです。
出来るだけ”返したくなる”やり取りを心がけましょう。

・質問が多い


LINEが続くように、ついついこちらから質問ばかりしがちですが、それでは相手にとって負担になってしまうことも。

・興味がない


誰しも最初から相手に興味があるわけではないので、距離感を保ちつつ、ゆっくり仲良くなることを心がけましょう。

・一方的に送りすぎ


まだ打ち解けていないうちから「近況報告」や「なにしてるの~?」なんてどうでもいいLINEが続けて来たら誰でもイヤになってしまいます。
相手との温度差を感じ取って、深追いはしないようにしましょう。

・スタンプで返信している


文章に対してスタンプで返事をするのはNG。
「適当に扱われている」というイメージを持たれてしまったら100年の恋も冷めてしまいます。

・深夜早朝に送信している


時間帯のズレは「付き合っても時間会わないかも」「常識ない人だな」というネガティブなイメージを与えかねません。
相手の生活リズムを把握して、寝ている時間帯は避けるようにしましょう。

■返信が来ない理由

返事が返ってこない場合、「嫌われちゃったかな?」「内容が悪かったかな?」と考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。
相手の状況や、性格などもしっかりと理解し、考えすぎないようにしましょう。

・内容が返しづらい
・頻度が多すぎる
・忙しくて返信できない
・返したつもりで忘れてしまっている

※返信が来ないマイナス要素
内容が理解できない
説教される
注意される
否定される
危険なにおいがする
彼氏気取り
文章が長すぎる
同じことをしつこく聞く
下ネタ

■こんなラインは返しづらい 


突っ込みづらい自虐
謙虚なのはいいことですが、度が過ぎると返答しづらいと思われる要因に。


脈略のない報告
「そうですか、、、」「それで?」と思われるような内容は送らないようにしましょう。


しつこい催促
返事ができない理由は様々。忙しいときに何度も連絡されると面倒な人だな、、、と悪いイメージを与えてしまいます。


失礼ないじり
悪気はなくこういったいじりをする人がいますが、いじる前に相手が傷つかないかを今一度考えてから発言しましょう。


短文の返事
提案したり会話を振ったりしているにもかかわらず一言返事がくると「自分に興味ないのかな?」というイメージを与えてしまいます。

■LINEを続かせるワンポイント


・返事が来なくても催促しない


忙しかったり疲れているときにしつこいLINEが来るとそれだけで返したくなくなる原因に。
あまりしつこくせずに、待つのも大事なこと。

・相手のペースを見極める


沢山返事をくれる人もいれば、1日に一回程度しか返事をしないという人もいます。
どれくらいの頻度でやり取りをするのか、まずは相手のペースを把握することから始めましょう。

・相手が好きなものの話題を振る


相手の好きなものを把握することで話を広げることが可能となります。
例えば”動物”が好きなら「近所にあるペットショップの話」「友達が拾ってきた子猫の話」「近所にいる野良猫の話」など。”映画”が好きなら、「新しくできた4Dで見れる最新映画館の話」「最近見たおもしろかった映画の話」「おすすめの映画の話」など。好みを知ることは相手が食いつく話題を提供できるチャンスですので、できるだけ情報は多く収集しましょう。

・相手が落ち込んでいるときは聞き役に徹しよう


「今日上司に怒られて、、」「友達に強く当たっちゃって、、」なんて話を相手から切り出してくれたら大チャンス。そんな時に自分の話をすることだけは絶対にNG。ただし、「僕もこないだ怒られたばかりだから気持ちわかるよ。」と寄り添うのは効果大。寄り添って、相手から話を聞き出してあげる。気持ちよく話ができる状況を作ってあげましょう。

・送る文章の長さは状況に応じて変える


毎回何行もある文章を送るのはNG。「疲れる」「読むの面倒」と悪いイメージを持たれてしまいますので長くても2~3行程度にしましょう。
ただし、相手から真剣な悩み相談、長文の質問などを短文で返すのはNG。相手が長文で質問などをしてきているときはできるだけ同じくらいの文章量で返すよう心がけましょう。

・相手が答えやすい質問を投げかける

二者択一
例えば、「今晩何が食べたい?」と投げかけても「いや~なんだろう」となってしまいますが、「今晩、肉と魚だったらどっちが食べたい?」と聞くことによって選択肢が制限され、相手も返答しやすくなります。

解答範囲を制限する
相手の好きなものが”音楽”だった場合、「どんな音楽が好きなんですか?」と聞くと「J-POPも聞くしロックも聞くしなあ、、」となんて答えたらいいかわからなくなってしまいます。そこで「ライブに行くくらい好きなアーティストはいる?」「ダンスミュージックとロックだったらどっちが好き?」などと”回答の範囲を制限”することで、非常に答えやすくなります。

友人の恋愛相談
女性が最も食いつきやすく、返答しやすいのが恋愛ネタ。ただし「自分が」なんて言ってしまうと、「この人好きな人がいるんだ」とあらぬ誤解を招いてしまう原因に。「友人が悩んでいるんだけど、女性目線からの意見をもらえないかな?」とあくまで主体は”友人”であることを強調すれば誤解なく、相手も答えやすい状況を作り出すことができます。

■鉄板ネタ


・悩み相談


「友人に強く当たりすぎちゃって、謝りたいんだけどうまく言葉が見つからないんだよね、、」など”誰でも経験がある状況”についての相談が有効。

間違っても”笑えないような深刻な悩み”や”「今後の人生について」などの壮大すぎる悩み”は避けよう。

・食べ物の話


「好きな食べ物」は良くありがちですが、ここではもう一歩踏み込んで「最近行った美味しいお店の話」「予約が取れない名店に連れて行ってもらった話」など、相手が欲している情報や希少性の高い情報を共有できるようにしましょう。

・休日の過ごし方


「映画鑑賞」「読書」「散歩」など多方向に話を広げると同時に、相手の好みを把握するのに絶好のチャンスです。自分の話ばかりするのではなく、相手の情報をできるだけ収集できるように気をつけましょう。

・友達の恋愛相談


女性が食いつくのが恋愛相談。
ただ自分が主体だと「好きな人いるのかな」とあらぬ疑いの原因になりかねないので、あくまで主体は”友人”。「女性目線の考えを聞きたい」などと話を広げれば相談に乗ってくれるのと同時に”相手がこういう時にどう思うのか”という相手の情報もゲットするチャンスです。

■これって脈アリ?なし?


脈アリかも
・相手から話題の提供が多い
・写真など定期的に送ってくれる
・♡の絵文字が多い
・返信が早い

脈ナシかも
・相手で会話が止まることが多い
・返信がスタンプのみ
・短文が多い
・返信は数日に一回

■相手の気を引くLINEテク

・あえての既読・未読スルー


毎日連絡が来ていた相手から突然連絡が来なくなったら「どうしたんだろう?」と心配になりますよね。
普段のやり取りの中で”あえて時間を置く””あえて既読・未読スルーを混ぜる”ことによって相手はあなたのことが気になってついつい考えてしまいます。
「今まで毎日連絡が来ていたのに今日も来ない、いつ連絡が来るのかな、、、」と次第に思うようになります。

重要なのは相手の中の自分の存在に”希少性”を付け食わることです。

繰り返し考えるうちに「私はこの人のことが好きかもしれない」という錯覚に陥ります。
そうしたテクニックを時折混ぜることによって、自然と自分の方へ気持ちを向かせることが可能となります。

・面白いスタンプを送ろう

色々なスタンプが販売されていますので、ついつい突っ込みたくなるような面白いスタンプを一つは用意しておきましょう。

・長文LINEが来たら、、、


長文LINEには長文で返事をするというのが鉄則ですが、時折”あえて短文で返す”というのも有効な方法です。
あえて短文で返事をすることによって「なんか冷たいかも」「元気ないな。嫌なことでもあったのかな」と相手の気を引くことができます。

※そのまま放置してしまいますと、マイナスイメージを与えただけで終わってしまうので、当日中に必ず「来たLINEへの返事」と「どうして短文の返事になってしまったのか」の理由も添えてフォローを入れましょう。
理由は「忙しかった」「ちょっと色々考え事しちゃって」など何でもOK。

・相手を褒めよう


女性は多かれ少なかれ「承認欲求」を持っています。
可愛いって言われたい、褒められたい、認められたい という欲求を満たしてあげることでグッと距離を近づけるチャンスになります。
いきなり「好き」と言われても困ってしまいますが、例えば「そういうサバサバした性格めっちゃ好きだわw」とか「〇〇ちゃんみたいにしっかりネイルしてオシャレに気を使ってる子ってすごいと思うな。」など相手を褒める内容をさりげなく入れていきましょう。

・二人だけの秘密をつくる


二人だけの秘密を作ることによって「ドキドキ感」「希少性」「優越感」と同時に沢山の要素を盛り込むことができます。吊り橋効果などが有名ですが、二人だけの特別な秘密、私だけが知っている秘密、ドキドキを共有しているこの状況に相手は自分のことを「特別な存在」として認識し始めるでしょう。

・あえて誘いを断る

好きな人からの誘いを断るのは勇気がいると思いますが、一度は断ってみてください。

なぜか?

”人はプラスとマイナスの変化量が大きいほど心に深く影響を与える”ということが心理学的に証明されているからなんです。(※ゲインロス効果)

一度断ってからOKを出すことによって、最初からOKするよりも喜びの幅が大きくなります。

注意点として、断る際の理由は明確に伝えましょう。

モテ子
今週の土曜って空いてるかな?
いそまる
ごめんその日はちょっと友達の相談に乗る約束があって難しいんだよね。
いそまる
さっき言っていた土曜日って空いているかな?どうしてもモテ子ちゃんに会いたくて友達に日程調整してもらったんだけど、まだ予定入ってなかったら会えないかな?

下げて上げる単純な方法ですが、相手にとってはより大きな喜びとなること間違いなしです。

■まとめ

LINEについての鉄板ネタから気を引く方法まで幅広く解説してきたかと思いますが、LINEはあくまで連絡手段ということを忘れないようにしましょう。

LINEでやり取りするよりも直接会った方が必ず気持ちは伝わります。

本項で学んだことを生かしてしっかりと会うまでに”つなげて”下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です