正しいスキンケアでモテ肌をゲットしよう!

ニキビ、乾燥、テカリ、、、肌の悩みは人それぞれ。

しっかりとケアしたいけど「何からすべきかわからない」という方も多いのではありませんか?

そんな方の為に本編では正しいスキンケアの方法に重点を置いて解説していきたいと思います。

スキンケアが必要な理由

男女問わず肌がきれいな方が清潔感があって印象がいいですよね。

洗顔から保湿までしっかりと行うことで、ニキビや肌荒れを防ぐことができます。

また、年齢と共に気になり始めるシミやシワ、たるみなども日々のスキンケアの積み重ねだといわれています。

毎日のちょっとした積み重ねを丁寧に行うことで、将来の肌悩みを未然に防ぐことが可能となります。

スキンケアの基礎

 

①洗顔

②導入液

③化粧水

④乳液

⑤保湿クリーム

大まかに5つの工程に分けることができます。

洗顔の方法

 

洗顔料を500円玉くらいとり、しっかりと泡立てましょう。

皮脂の気になるTゾーンなどから優しく撫でるように洗いましょう。

コツとしては優しく撫でるように洗うこと。

爪を立てたり、ゴシゴシ洗ってしまうと余計な感想を招いたり将来的にシミになる原因にもなりますので注意が必要です。

港区お兄さん
港区お兄さん
※水温は38℃くらいのぬるま湯がベスト

導入液(ブースター)

引用:無印良品

 

化粧水の前に導入液を塗るのがポイント。

導入液とは化粧水を肌に浸透させやすくするプレ化粧水のようなもの。成分はメーカーによってまちまちですが、一推しは無印良品!

港区お兄さん
港区お兄さん
無印の化粧水シリーズはカリスマホストのローランド様が愛用しているとのことでも有名になりましたよね!

 

化粧水の使い方

 

化粧水は”たっぷり”使うのがポイント。

目安の量よりも少し多いくらいがベストとのこと。

たっぷり使うことでまんべんなく肌の奥までしっかりと浸透させましょう!

 

乳液の使い方

 

化粧水だけでは乾燥の原因になってしまいますので、乳液をプラスで肌の油分を調節します。

特に乾燥肌の方は乳液をしっかりと補ってあげることで日中も乾燥せずに潤った肌で過ごすことができます。

 

保湿クリームの使い方

 

仕上げは保湿クリーム。

化粧水と乳液で潤いを与えた肌にフタをしていきましょう。

乾燥しやすい目元にしっかりとなじませてから顔全体に塗り込んでいきましょう。

 

肌タイプ別スキンケアの注意点

 

乾燥肌

乳液やクリームでしっかりと油分を与えてあげましょう。

 

脂性肌

皮脂が過剰分泌される原因は乾燥からくるものと言われています。

脂性肌だからと言って化粧水だけではなく、乳液やクリームでしっかりと油分を補ってあげることが大切です。

 

敏感肌

低刺激のモノや無添加のモノを使い、できるだけ肌へのダメージを抑えてあげることが大切です。

まとめ

 

①洗顔は優しくたっぷりの泡で

②導入液で化粧水の浸透率アップ

③化粧水はたっぷりと

④乳液で潤い成分を補おう!

⑤保湿クリームで肌の潤いを閉じ込めよう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です